電子書籍には無い、通常の本の良さとは?

最近では本を自宅にあまり置かないようになった人が多いようです。
それは電子書籍の発達で、オンライン上の「本棚」に保存する人が多いからでしょう。
しかし紙本来の良さは、読書家にとってはよく分かっていることですがあまり知られていません。
ただ単に情報としての書籍があること以上に、「本の世界」はアナログで感じることが多々あります。
特に小説がそうなのですが、例えば寝床で寝る前に電子機器で小説を読むとしましょう。
電子機器はインターネットに繋がっていることがほとんどでしょうが、普通の紙の小説本の場合には何者も寄せ付けない自分だけの世界に入り込めるのです。
この感覚は、小説好きな方ならよく分かるかと思います。
ですが電子書籍をけなしているわけでは無く、あくまでも通常の本には良い部分が多いということを説明しています。
寝室にちょっとした本棚を置いておいて、夜長に本の世界に浸ってみるのも良いものです。
是非ともちょっと気になった本を買って、置いてみると案外ハマるかもしれませんよ。

PR|群馬で育まれるオーダー収納

カテゴリー: パーマリンク