2冊ほど出版書籍のご紹介

以下、2冊ほど出版書籍のご紹介致します。
タイトル:「はじめてのFlex リッチインターネットアプリケーション開発の入門」
著者  :楠神 沙緒里

『リッチインターネットアプリケーション(RIA)を開発するためには、インタラクティブ機能の実現だけでなく洗練された外観や優れた操作性などが必要となります。RIA開発ツールの1つであるFlexを通して、RIA構築のための基本を学びましょう。

Adobe Flexは、Adobe Systems社が提供するフレームワークです。Flexフレームワークを利用する製品には、無償のFlexSDKと優勝のFlash Builder(バージョン3まではFlex Builder)があります。Flexでは、XMLベースのマークアップ言語であるMXMLと、ECMAScriptベースのActionScript3.0の2種類の言語を用います。

Flexと同様のアプリケーションを作成するツールとしてAdobe Flash Professionalがあります。デザイナー向けの開発環境として発展してきたFlashとは対照的に、Flexhaプログラマー向けの開発環境として誕生しました。』
- はじめに より抜粋

タイトル:「かんたん栄養学 第2版」
著者  :山内 有信

『ヒトに関わらず動物は、食物を摂取することで、日々の活動のエネルギーや古くなった細胞を新しいものに変えたりすることで、生命を維持しています。表紙の絵は、アルチンボルド(Giuseppe Arcimboldo)という画家が、そのようなヒトは食物で形成されていることをイメージしたものです(右側は2012年にルーヴル美術館にて著者撮影)。
生体が正常な生活を営むためには、適正な栄養素摂取が不可欠であり、栄養学はその栄養素の働きや摂取すべき量を学ぶ分野であり、栄養士・管理栄養士養成の世界では、この栄養学の分野を、主として栄養素の体内利用を学ぶ「基礎栄養学」と、健康の維持・増進のために摂取すべき量やその概念を学ぶ「応用栄養学」に分類され、本書は前者を学ぶものです。』
- 前書き より抜粋

ご興味がありましたら、アマゾンよりご購入頂けます。

カテゴリー: パーマリンク