電子書籍もいいけれど、紙の本の魅力について思うこと

スマホの普及もあって、電子書籍が少しずつ浸透しつつあるようです。私は今もって、紙の本しか持っていませんが、老眼がそろそろ気になる年齢なので、文字の大きさを瞬時に解決できるのは、電子書籍の魅力の一つかも、と思います。

が、電子書籍で本を一冊読んでみた、という知人に言わせると、便利なことは便利だけれど、本を読んでいる実感が薄く、物足りない面があるそうです。

理由の一つは、本の厚さを感じることができないので、どのあたりまで読んだかが体感できないことだそう。言われてみると、本というのは手に持った時の重さや厚み、活字の大きさなんかで、この本は読むのが大変そう、とか、すぐに読めちゃうとか、パラパラとめくって斜め読みして、自分に合いそうとか、あんまり好みじゃないかもとか、いろいろ実感して読むか読まないか、買うか買わないかを決めているのです。

電子書籍は、ネットでの評判が選択の際の最重要事項なんだろうな~と思うと、「本」を体感できない点が少しさみしい気もします。そしてもう一つ。本棚に並ぶ本というのも、自分の読書歴が目に見えてわかるので、紙の本ならではの魅力だと思うのでした。

PR|オーダーメイド家具の人気ランキング|

カテゴリー: パーマリンク