民事再生法について

PR|おすすめ桐のすのこベッド|

皆さんは、民事再生法をご存知でしょうか。この法律は、深く説明すると難しいので簡単に説明します。意味合いとしては、「再生債務者が、従来どおり経営権(業務の遂行、財産の管理処分権)を原則として保持し、かつ、裁判所に対し、再生計画案を作成後提出し、債権者の法定多数の同意により可決された再生計画に基づいて、再生債務者の事業又は経済生活の再生を図る手続。」となります。

一言でいうと、事業をしながら、裁判所の可決を待っているということです。これらは主に企業が倒産しかかったときにとる手続きの一つです。中には、もう事業が成り立たないと諦めて破産手続きをするところもあれば、民事再生法を使って今後立て直していく等やり方は様々あります。

短いながら説明しましたが、今回のお話はあくまで概要であり中身には直接触れていません。この手続きは主に最終手段の一つであり、事業者の方は、知識として頭に入れておくのも必要かと思います。詳しく知りたい方が居ましたら、最寄りの書店またはインターネットで検索してみるのもありだと思います。