人間の深みを増すためには書籍は不可欠です

最近、益々読書離れが進んでいる様です。電車内を見ても、かつては文庫本を読んでいる人も見かけましたが、最近ではスマートフォンをいじっている人ばかりで、そんな人も極端に減少しました。
人にはそれぞれの生き方があり、どれが正しいとは言えないかも知れませんが、もっと教養を身に着け、人間力を高める努力をすべきだろうと思います。
せっかくこの世に生を受けて来たのですから、人間の深みと幅を広げ、自分で満足できる人生を送りたいものです。こうした人間力を高めるには、様々な分野の書籍を熟読する事が最善です。
自分が知らない事、自分が経験した事の無いものを書籍を通じて知る事で教養が身に着くと共に、読書を通じて深く考える習慣を付ける事で、人間の深みを得る事が出来るのです。
お宅を訪問して、書籍が詰まった本棚を見ると、その人の人柄が感じられる想いがします。そんな環境で育った子供は、本や読書に興味を持つようになるものです。
受験勉強等で知識を埋め込む時期も必要でしょうが、長い人生に於て、それ以降、書籍に触れる事が激減し、知識を知恵に変えるための努力をする人が少ないのは、余りにももったいないと言わざるを得ません。もっと読書を楽しまれる事をお勧めします。

カテゴリー: パーマリンク