母が本を買ってくれた理由

幼いころから絵本が大好きで、大人になって読む本の種類は変わったものの私は今も読書を趣味にしています。昔からの母の教育方針で、本だけは欲しいといえば買ってもらえました。

幼いころに病気にかかり病院の待合室で長時間待たなければいけないとき、買ってもらった絵本を読んで不安を紛らわせたこともありました。思春期には母親にいろいろな本を勧められました。本を読んだことがきっかけで、進路のヒントとなるようなこともありました。

社会人になって通勤が大変なときも、本を読むことで心が落ち着き、一瞬にして自分の世界に入ることが出来ました。気晴らしやリラックスの他にも、本は自分が経験したことのないような体験や知識を私に与えてくれます。書いた人の知恵が詰まっている本は、私の先生でもあり人生のパートナーです。

幼い頃に実践していた母の教育方針ですが、今思うと母も持っていない多くの知恵を、本を通じて私に教えるためだったのではないかと考えています。本が大好きになって今でも本の知識を活かしていけるのは、母のおかげかなと思います。

PR|群馬でカウンター収納オーダーするなら

カテゴリー: パーマリンク