本のある生活は人間の発想力を高めてくれます

人生、自分自身で体験できることには限りがあります。また自分のイメージ力にも限界があります。読書はそれを補ってくれる大事なツールと言えます。

近年はIT技術の進化により本以外のものが台頭してきましたが、紙に文字の描かれた媒体は現在でも知識を集約し伝える道具としてはその地位は変わりません。

生まれた時、親が最初に子供に教育を施すものは絵本での読み聞かせです。子どもの頃、知的好奇心を満たしてくれるものは書斎の本棚に収納された本の中にあります。高等教育を受ける過程では読書量がその成否を左右します。大人になっても読書は余暇を豊かにしてくれます。

物語を伝えるとき、映画などは目から全ての情報を取り入れます。そこには人間が想像力を働かせる余地というものがありません。全て製作者が与えてくれるからです。しかし読書においては読み手が文字の間に情景を思い浮かべる必要が出てきます。

それこそが本を読むことが人間の思考力を高めてくれる要因であると言えます。

このように読書は人間の発想力を高めてくれる重要なツールと言えるのです。

カテゴリー: パーマリンク