デジタル印刷について

PR|ひのきのすのこベッドで快眠|

皆さんは、デジタル印刷がどのような場面で多く活用されているかご存知でしょうか。

今回お話しすることは日本においてのことですが、主に使われていることとして、宛名印字や請求書発行などの業務用分野が主流となっています。しかし、商業印刷や出版印刷といったコミュニケーション性の高い分野では未開拓に近いとされています。中には、デジタル印刷を主流にして経営をしている企業家もいるがそれはわずかである。

アメリカに目を向けてみると、日本とは違って、デジタル印刷の出荷台数等が多く、状況証拠からみても日本よりは盛んであることが分かる。その一つの理由としては、アメリカでは、日本の倍近くの広告費をかけているという点も一つ上げることができる。そして商業印刷のケースが多くなっている(日米の印刷売上には差が大きく出ている)。

短いお話でしたが、日本はデジタル印刷が主流となっていませんが、コストや生産面からみても従来の印刷より安く抑えることができるため、出版したい方は注文を、印刷事業に興味を持っている方は、デジタル印刷を取り入れた仕事をしてみてはどうでしょうか。