出版書籍のご紹介 「蘇生雅語」

PR|すのこベッドで快適生活|

こんにちは!出版書籍のご紹介です。

タイトル:蘇生雅語(Tianliangシリーズ)
著者  :萩野脩二

『関大をやめて1年が経つ。早いような遅いような1年であった。そして、私にとっては激動の1年といっても良かったくらい、いろいろなことがあり、そして、心に残る1年であった。
この1年のことをブログ書いていたら、結構な量になったので、やはりまとめて本にしておこうと思う。第二の人生の始まりのことでもあり、私にとっては新たな人生の蘇生の年でもあった。
『探花囈語(たんか・げいご)』『交流絮語(こうりゅう・じょご)』『古稀贅語(こき・ぜいご)』と続けて、4冊目となる。早いものだ。今度は、途中でブログのアドレスが変わったりしたから、是非とも1つにまとめておきたい。そう思って、振り返ってみると、なんと私の言葉が、「コメント」に書き込んでくださった方々の言葉によって息を吹き返し、輝いているところがあった。みなさんのおかげで、私は蘇生していたのであった。書き込んでくださった方々や、気持玉を打ってくださった方々、黙って見ていてくれた方々のおかげである。そこで、『蘇生雅語(そせい・がご)』と名付けて出そうと思う。』
- まえがき より抜粋