自費出版とブログの力

先日とある先生から出版のご依頼を頂いて発行を致しました。内容はスポーツの技の解説書だったのですが、これが販売開始より異常な販売数があり、増刷をすでに2回しております。

弊社では何も宣伝をしていないのになぜこんなに売れているのか不思議でした。すると本日、とある雑誌社からその書籍を掲載したい依頼がありました。販売開始から異常なほど売れていて、増刷をしている旨をお伝えしたところ、ある格闘の有名ブログの方が本のことを書いてくれたそうです。だから、売れているのではないかという雑誌社のご担当者のお話でした。 理由はこれだったのか…このとき、初めてこの売れ行きの理由がわかりました。 芸能人のブログに商品の紹介記事を書いて宣伝をすることが少し前にニュースになりましたが、こんなに影響が出るものかと驚きました。 もし出版をするのであれば、ブログでファンを事前に集めてから発行すると売れ行きが伸びるということですね。ブログにファンがつくということは、特定のテーマで記事を書いていくとよいと思います。特定のテーマに絞った方がファンがつきやすいですし、あとで本を出版する際もまとめやすくなりますので、お勧めです。

|自由ヶ丘のまつ毛エクステ店|英語上達の秘訣|生命保険の選び方|クレジットカードの即日発行じゃけん|マッサージのリアル口コミ.com|生命保険の口コミ.COM|遺品整理士とは何か|

 

以下、2冊ほど出版書籍のご紹介致します。
タイトル:「はじめてのFlex リッチインターネットアプリケーション開発の入門」
著者  :楠神 沙緒里

『リッチインターネットアプリケーション(RIA)を開発するためには、インタラクティブ機能の実現だけでなく洗練された外観や優れた操作性などが必要となります。RIA開発ツールの1つであるFlexを通して、RIA構築のための基本を学びましょう。

Adobe Flexは、Adobe Systems社が提供するフレームワークです。Flexフレームワークを利用する製品には、無償のFlexSDKと優勝のFlash Builder(バージョン3まではFlex Builder)があります。Flexでは、XMLベースのマークアップ言語であるMXMLと、ECMAScriptベースのActionScript3.0の2種類の言語を用います。

Flexと同様のアプリケーションを作成するツールとしてAdobe Flash Professionalがあります。デザイナー向けの開発環境として発展してきたFlashとは対照的に、Flexhaプログラマー向けの開発環境として誕生しました。』
- はじめに より抜粋

タイトル:「かんたん栄養学 第2版」
著者  :山内 有信

『ヒトに関わらず動物は、食物を摂取することで、日々の活動のエネルギーや古くなった細胞を新しいものに変えたりすることで、生命を維持しています。表紙の絵は、アルチンボルド(Giuseppe Arcimboldo)という画家が、そのようなヒトは食物で形成されていることをイメージしたものです(右側は2012年にルーヴル美術館にて著者撮影)。
生体が正常な生活を営むためには、適正な栄養素摂取が不可欠であり、栄養学はその栄養素の働きや摂取すべき量を学ぶ分野であり、栄養士・管理栄養士養成の世界では、この栄養学の分野を、主として栄養素の体内利用を学ぶ「基礎栄養学」と、健康の維持・増進のために摂取すべき量やその概念を学ぶ「応用栄養学」に分類され、本書は前者を学ぶものです。』
- 前書き より抜粋

ご興味がありましたら、アマゾンよりご購入頂けます。

 

| ニキビの跡を消す|結婚前の美容エステ|製造業の経営相談|工務店向け集客ノウハウ|お家の見直ししま専科|住宅リフォーム総合情報|演奏家を派遣する会社|SEOアクセスアップ相互リンク集|内職 アルバイト|お小遣いNET|未来の扉を開ける留学サイト|